IMGスライドショー
オープン版抜粋 | 無料版抜粋 | 体験版抜粋
「IMGスライドショー」のコンテンツは、xrea・starfree・fc2・xdomainの4つのサーバーに分散して置いてあります。 現在 のコンテンツを表示していますが、 各サーバー別の一覧は以下のリンクからご覧ください。
xrea抜粋 | starfree抜粋 | fc2抜粋 | xdomain抜粋 | 全部

一般的な写真とバナーの兼用タイプ : イメージ一覧

 写真のスライドショーとしても、バナー(写真をクリックすると設定したページが開く)のスライドショーとしても使えます。



題名の記号について

[オープン]全ソースを無料で公開しています。
[無料]無料で使用できます。
[体験]有料ですが体験版があります。
[F]写真のサイズに制限なし。
[S]同じサイズの写真を使う。
[大小]大小2枚ずつの写真を使う。
[0~]0.jpgからの連番写真を使用。
[連番]連番写真を使用。最初と最後の番号を指定。
[BLOCK]IMG要素ではなくBLOCK要素をスライド。
[マルチ]IMG要素もBLOCK要素も使える。
[複]1つのページに複数配置できる。
[バナー]写真もバナーも使える。


連番の写真タイプとスクリプトにデータを書くタイプ : イメージ一覧

 連番の写真を使用するスライドショーと、スクリプト内部にデータを書くスライドショーです。



1.jpgからの連番の定形型スライドショー : イメージ一覧

 1.jpgからの連番のファイル名の写真を用意し、簡単なソースコードを貼り付け、設定を書き換えるだけで、基本的なデザインのスライドショーが設置されます。



パソコンとスマホで使う写真を換えるタイプ : イメージ一覧

 モバイルフレンドリーなページ作りのため、パソコンでは大きい写真、スマホでは小さい写真、に自動的に交換するスライドショーです。



特殊なエフェクトタイプ : イメージ一覧

 原則として、このタイプはレスポンシブデザインに対応していません。



単体のスライドショーとして使う時は

 下記にサンプルソースを書き換えたものを貼り付けて保存すれば、単体のスライドショーになります。 文字コード「UTF-8」の場合です。他のコードを使う時は変更してください。




最新更新情報